手軽で身近なSDGs!ごみ拾いのボランティア

ごみ手引き

手軽にできる身近なSDGs!ごみ拾いのボランティア

ごみ拾いのボランティアは昔から手軽に行えるボランティア活動として人気ですが、SDGsが広く知られるようになり、さらに注目されるようになってきました。
持続可能な世界を実現するために、身近に取り組めるごみ拾いボランティアは、ごみの問題とも向き合える活動です。

ボランティア活動

ごみ拾いのボランティアの活動内容は、無償で街中や海岸、公園、イベント会場などで落ちているごみを拾い集めるというシンプルなものです。
ごみを拾うことでその場所を綺麗にすることはもちろん、参加者自身のごみ問題や環境問題に対する啓発にも繋がります。ごみが拾われずにそのままになっていた場合、多くのごみは風や雨で飛ばされたり流されたりし、海に流出します。海洋ごみとして問題になっているプラスチックごみは、その多くが陸地から流されてきたものです。
そのため、街中でごみ拾いを行うことは、海洋ごみを減らすことにも繋がります。ごみ拾いのボランティア活動を通して、環境問題に対する意識も変わり、ごみの分別の知識やポイ捨てを減らす啓発の目的も担っています。

ボランティアの始め方

実際にごみ拾いのボランティアをするにはどうすれば良いのでしょうか。
個人でもいつでも気軽にごみ拾いは行えるため、休日を使ってごみ拾いを自発的に行うというのも一つの方法です。自分のペースで作業を行えるでしょう。
仲間と一緒にごみ拾いボランティアを行いたいという人は、ごみ拾いのボランティア活動の募集を行っている団体を探す方法もあります。インターネットやSNSなどを利用して探してみると良いでしょう。

ボランティアのメリット

ごみ拾いのボランティアを行うことで、ごみに対する意識が変わるとともに、得られるものもあります。
まず、ボランティアに参加することで仲間ができることです。ボランティアでは幅広い世代の人と交流しながら活動を行います。新しいコミュニティに属すことで、人脈が広がるでしょう。また、社会貢献していると実感が得られるのもポイントです。
ごみ拾いのボランティアを行うことで、達成感ややりがいを味わえるでしょう。ごみ拾いのボランティアは手軽にできるSDGsの取り組みであり、人として成長できる機会でもあるのです。