終活の際に出た不用品を処分する方法をご紹介

ごみ手引き

終活の際に出た不用品はどのように処分する?おすすめの方法を紹介

終活で出てきたごみ

終活をすると、家具や家電、雑貨など様々な不用品が出てきます。そういった不用品をいかに処分するかが、終活する時の重要なポイントです。
最も基本的な方法が、自治体で捨てる方法です。粗大ごみは有料になりますが、一般的なごみであれば無料で処分できます。
ただし、自治体のルールに沿ってごみの分別をしたり、指定された日にしか処分できないというのがデメリットです。ルールを無視して捨てると回収してもらえなくなるので、注意してください。

譲る・売る選択肢

まだまだ使えるもの、思い出の品で捨てるのは忍びないものは、家族や知人に譲るのも1つの方法です。
自分の思い出の品を誰かに使ってもらえれば、安心して手放すことができるでしょう。周りに譲る知人がいない場合は、地域の掲示板などを利用し、欲しがっている人を探してみるのもおすすめです。

捨てるのではなく、売ってお金に替える方法もあります。手軽なのは、フリマアプリやネットオークションを利用する方法です。
誰でも簡単に不用品などを出品できるアプリが増えているので、簡単に売ることができます。ただし、出品する時の手続きや購入者とのやり取り、商品の発送など慣れていない人には面倒に感じる作業も多いです。
出品すれば必ず売れるというわけではないですし、購入者とトラブルになることもあるので、不安な人はリサイクルショップなどに売るようにするとよいでしょう。

遺品整理業者

不用品が大量にあり、自分で処分するのが難しい場合は、遺品整理業者に依頼するのもおすすめです。
遺品整理業者は遺品整理のプロですし、種類を問わず様々な不用品をまとめて回収してくれるので手間がかかりません。遺品整理業者とはいっても、生前整理をしているところも多いので、終活で利用するのも問題ありません。
業者を選ぶ時は、買取にも対応している業者がおすすめです。処分するだけではなく、買取も可能であれば回収費用の負担を減らすことができます。また、古物商や産業廃棄物収集運搬業の許可を得ている、正規の業者を選ぶことも大切です。