産業廃棄物を扱うための資格

ごみ手引き

産業廃棄物を扱うには必要な資格

産業廃棄物は、処分する際、人体や環境への影響が大きい為、法律に則り正しく処分する必要があります。その為、産業廃棄物を扱う場合には、資格が必要です。資格は、国家資格と都道府県知事免許に分かれており、種類もいくつかあります。

資格

まず、国家資格に該当するのが、「特別管理産業廃棄物管理責任者」「廃棄物処理施設技術管理者」の2つです。「特別管理産業廃棄物管理責任者」は、特別管理産業廃棄物を正しく保管そして処理するのに必要な資格です。
特別管理産業廃棄物は、毒性や爆発性そして感染性等、人の健康や生活環境に被害を与える恐れがある廃棄物の事で、これらを保管したり処分する時には、より厳しい規制と処理基準が設けられており、この資格を持った人がいないと管理及び処理する事が出来ません。

また、「廃棄物処理施設技術管理者」は、一般廃棄物の処理施設や、産業廃棄物処理施設の維持管理業務や監督を行う時に必要な資格です。
産業廃棄物を処理する施設には、この資格を持った人が所属していなければならないと法律で義務付けられています。

各都道府県の許可

他にも、都道府県知事免許には、「産業廃棄物収集運搬業」や「産業廃棄物処分業」、「特別管理産業廃棄物収集運搬業」、「特別管理産業廃棄物処分業」の4つの資格があります。
「産業廃棄物収集運搬業」は、産業廃棄物を収集したり運搬するのを仕事とする時に必要なものです。廃棄物の積み込みや積み下ろしであったり、積み替え保管をどこで行うかというのがポイントで、その場所によって各都道府県の許可が異なります。

それから都道府県をまたいで産業廃棄物を収集したり運搬する時は、ただ通過するだけなら各都道府県の許可はいりませんが、廃棄物を積み込んだ場所と積み下ろした場所が異なる場合は許可が必要ですので注意しましょう。

産業廃棄物処分業

「産業廃棄物処分業」は、産業廃棄物の処分を仕事として行う時に必要なものです。
産業廃棄物の収集や運搬に加えて処分も行う場合、これも求められます。「特別管理産業廃棄物収集運搬業」は、特別管理産業廃棄物の収集や運搬を仕事として行う時に必要なものです。
これは特別管理産業廃棄物のみが対象で、これを持っていても通常の産業廃棄物は扱えないので注意が必要です。

「特別管理産業廃棄物処分業」は、特別管理産業廃棄物の処分を仕事として行う時に持っていなければならない資格です。
特別管理産業廃棄物の収集や運搬だけでなく、処分も行う場合は、これを持っていないといけません。そして、この資格を持っていても通常の産業廃棄物は扱えません。このように、産業廃棄物を扱う場合、色々と資格が必要なので、自分に合ったものをしっかりと取得するという事が重要です。