環境負荷軽減のために企業が取り組むリサイクル

ごみ手引き

企業のリサイクルってどんなことをしているの?環境負荷軽減の取り組みについて

企業のリサイクル

一般的に、企業が発生させるごみは大きく分けて2種類とされます。
一つは業務活動から出る一般的なオフィスごみ、もう一つは製造業などで発生する産業廃棄物です。これらを適切に処分するためには、種類や性質に応じた異なる方法が必要とされています。

まず、オフィスごみには、紙類やプラスチック類などが含まれます。
これらは地方自治体のルールに従って分別し、適切な日に処分に出すことが一般的な対応です。また、プリント用紙の両面印刷や電子化などを通じてごみの発生自体を抑制する取り組みには、環境負荷軽減効果が見込まれます。

産業廃棄物の処分方法

一方、産業廃棄物には特別な処分方法が必要となります。
例えば、建設業や製造業で出る建設廃材や金属スクラップは、専門業者に依頼して処理することが一般的となっています。しかし、これらのごみも適切にリサイクルすることで、資源として再利用が可能です。

また、企業としてはごみの発生を最小限に抑えるべく、製品デザイン段階からリサイクルを視野に入れる「エコデザイン」や、製品の全ライフサイクルに渡って環境影響を考慮する「ライフサイクルアセスメント(LCA)」などの取り組みが進められています。
これらの取り組みは、ただ単に不用品を処分するだけでなく、循環型社会の実現に向けた一歩とも言えるでしょう。企業の社会的責任(CSR)として、ごみリサイクルは環境保全に貢献するだけでなく、リサイクルから生まれる新たなビジネスチャンスを創出する機会もあります。

ごみリサイクルの法規制

さらに、企業のごみリサイクルは法規制にも関連があります。
特に、製造業などで発生する産業廃棄物は、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」に基づき、適切な処理が義務付けられています。法規制を遵守することで企業の社会的信用を維持し、ビジネスの持続可能性を確保することが可能です。

企業のごみリサイクルには専門的な知識が必要とされます。
このため、ごみ処理業者やリサイクル専門企業との連携も重要となります。これらの業者に委託することで、企業ごみを適切に処分でき、リサイクルによる資源の有効活用が図られるでしょう。