家がごみ屋敷になってしまう人の心理について

ごみ手引き

家がごみ屋敷になってしまう人の心理とは

家にごみが溢れかえって、ごみ屋敷になってしまう人の心理には、色々なパターンがあります。
その中でもよくあるのは、ごみに対して強い執着があって、捨てることができないパターンです。具体的には、ごみであってもまだ使い道があってもったいないと考えていたり、捨てられてしまうごみがかわいそうだと感じたりするなど、様々な心理があります。
そして、実際には必要ないだろうと、頭で考えていても、心が捨てることを許さないという人も大勢います。

買い物依存症

また、ものを集めるのが好きという心理で、ごみ屋敷に発展するパターンも珍しくありません。
特に、買い物依存症になっている人に多く見られるパターンです。買い物依存症の人は、ものを購入することに快感を覚えます。購入するものに対する愛着は、あまりない場合も多いです。
そして、自宅のスペースのことを考えずに、衝動に駆られて次々とものを購入すると、最終的にごみ屋敷になってしまいます。

孤独感が原因

満たすことができない孤独感が原因で、家がごみ屋敷になってしまうパターンもあります。
一人暮らしをしている人に多いパターンで、何らかの理由で人や社会と関わることができない代わりに、ごみで心を満たそうとする形です。
配偶者などの身近な人が亡くなって、孤独になってしまった人が、喪失感をごみで満たそうとした結果、自宅がごみ屋敷になってしまうことも珍しくはありません。

セルフネグレクト

その他には、自傷行為の一貫として、ごみ屋敷になる人も大勢います。
いわゆるセルフネグレクトというもので、自分自身の世話ができない心理状態です。セルフネグレクト状態になると、健康的な食事や入浴ができなくなり、部屋の掃除も困難となります。不健康な心理状態であるため、部屋の掃除をしたり、ごみを出したりしなければならないと思っていても、身体が動きません。
また、人の助けを借りたくないという心理も、セルフネグレクトの特徴です。そのため、行政や身近な人など、家の掃除を助けてくれる人たちを拒絶した結果、ごみ屋敷になってしまいやすいです。