ピアノを売る方法・捨てる方法

ごみ手引き

不要になったピアノはどうする?売る方法と捨てる方法がある!

ピアノの処分方法

不要になったピアノを処分する方法は、捨てる方法と売る方法の2種類です。
ごみとして処分する場合は、ピアノは粗大ごみになりますが、自治体によって対応しているところとしていないところがあります。ピアノはサイズが大きく、様々な部品があるということで、粗大ごみとして取り扱っていない自治体も多いので注意が必要です。
まずは各自治体の粗大ごみ受付センターに問い合わせして、処分できるか確認してみましょう。対応していれば手数料を支払った上で、回収してもらうことができます。場合によっては、ピアノを回収してくれる業者を紹介してくれることがあるので、利用するのもよいでしょう。

不用品回収業者

不用品回収業者に依頼して捨てるのも1つの方法です。
專門の業者であれば、自治体で捨てることができない不用品も手軽に処分できます。グランドピアノやアップライトピアノなど様々なピアノがありますが、基本的に大きいものほど回収費用は高くなります。業者によってプラン内容は変
わるので、事前にチェックしておくと安心です。まず電話をして見積もりを出してもらいましょう。
提示された金額に納得できれば、手続きを進めて回収してもらうことになります。悪質な業者に騙されるといったトラブルも増えているので、業者選びは慎重にしてください。「一般廃棄物収集運搬業者」の資格を持っているか必ずチェックしておきましょう。

フリマアプリ

周りにピアノを欲しがっている人がいれば、無料で譲るのもよいでしょう。
自分、もしくは相手に運搬してもらえば、無料でピアノを処分することができます。まだまだ使えるピアノは売るのもおすすめです。フリマアプリやインターネットオークションなど、誰でも簡単に売りたいものを出品できるサービスがあるので、利用するとよいでしょう。
ただし、購入者とのやり取りや出品作業などを自分で行わなければならず、トラブルが起こることもあるので注意してください。心配であれば、楽器の買取を行っている業者に依頼すれば、安心してピアノを処分できます。