処分方法に困る刃物の捨て方をご紹介

ごみ手引き

刃物の捨て方

刃物の捨て方

刃物の捨て方は、自治体によって異なります。自治体の場合は不燃ごみや金属ごみで捨てられるケースが多く、費用はかかりません。
ナイフやカッターなどの刃物を捨てる際は、お住いの地域の捨て方をチェックしましょう。回収日を間違えて包丁などを出してしまうと、ごみ置き場に回収されない刃物が放置されているうちに、誤って子どもが触ってしまったり、第三者に悪用されてしまうかもしれません。
他の種類のごみとは異なり、扱いに注意が必要です。刃物を捨てたいなら、不用品回収業者に依頼する方法もあります。

不用品回収業者の使い方

不用品回収業者というと、家具や家電といった大きな不用品を回収してもらうイメージが強いかもしれませんが、刃物といった処分に困るアイテムも回収可能なところが多いです。
不用品回収業者なら、自治体のごみ回収日を待つことなく処分したいタイミングで利用できます。業者によっては問い合わせした当日に回収に来てくれるところもあるので、引っ越しなどで自治体の回収日を待てない時などに便利です。
なお、包丁の処分だけを依頼するより、粗大ごみなどと一緒に回収してもらう方がお得なケースが多いです。

無料で見積もりしてくれる業者に連絡し、金額をチェックした上で依頼するようにしましょう。
高級包丁や状態の良い刃物の場合は、刃物専門の買取業者を利用するのもおすすめです。有名なブランドの包丁なら、思いがけない価格で買い取ってもらえる可能性があります。
価値の高い刃物を売る場合は、なるべく刃物専門の業者を選ぶようにしましょう。刃物に詳しくない業者だと、価値を分かってもらえず安く買い叩かれてしまいます。

刃物買取業者

刃物買取業者の多くは、店頭買取、宅配買取、出張買取の3つの買取方法に対応しています。
刃物を持ち運ぶのは危ないので、宅配買取または出張買取が利用できる業者を選ぶことをおすすめします。どんなに近いお店に持ち込むとしても、刃物を持ち歩くと「銃刀法違反」になる可能性があるからです。
また、あまり使用していない刃物を処分するなら、フリマアプリなどで売ることも可能です。