要らない物を寄付するメリットとは?

ごみ手引き

不用品を寄付することで得られるメリットとは?

寄付

要らなくなったものはごみとして処分するしかないと思われがちですが、実際にはそれ以外に必要としている施設などに寄付するという選択肢もあります。
もちろん、どのような不用品であっても寄付できるという訳ではありませんが、まだまだ使えるようなものであれば寄付して欲しいというところは少なくないため、もしそういったものを処分しようと考えているのであれば、ぜひ寄付することを検討してみるとよいでしょう。

寄付のメリット

寄付することによって得られるメリットには様々なものがありますが、中でも大きいのがごみの排出量を減らせるという点です。
本来であればごみとして廃棄するはずのものを捨てずに済むので、環境にも優しいだけでなく、ごみ処理費として使われるはずであった税金の節約にもつながります。1件の寄付によって減らせるごみの量は微々たるものかもしれませんが、多くの人が寄付するようになれば、大きなごみ削減の効果が期待できるため、不用品についてはまずは寄付を選択肢の一つとして検討してみるのがおすすめです。

寄付の方法

また、寄付を行うことは、それを必要としている団体を支援することにもつながります。そういった団体の中には身寄りのない子供を引き取って面倒を見ていたり、介護を必要とする高齢者の支援を行っていたりするところが少なくありません。
ボランティアなどでそういった団体の活動を支援するというのは時間の制約などもあって難しいかもしれませんが、寄付であれば手軽に行うことができるため、もし自分が何らかの形でサポートしてみたいと思っている施設が寄付を必要としているのであれば、そういったところに不用品を提供するというのも一案です。
なお、寄付を行う際には、郵送するか、指定された場所に自分で持って行くかのいずれかの方法によることが一般的です。このうち、郵送する場合は、原則として送料は寄付する側で負担しなければ受け取ってもらえないケースが殆どですので、その点には注意しなければなりません。