割れ物の処分方法をご紹介いたします。

ごみ手引き

割れ物を処分したい時はどうする?

割れ物の処分

割れ物の分別方法は自治体によって異なりますが、ほとんどの場合は燃えないごみとして処分することが可能です。割れ物を捨てる際は、怪我をしないように気をつけながら処分しましょう。
割れてしまった皿やグラス、電球などを一箇所にまとめたら、家庭にある新聞紙や厚紙で包みます。新聞紙のような薄い紙を使う場合は、破片が手に刺さらないように何枚も重ねましょう。包んだ紙はごみ袋に入れて、袋の口をしっかり閉じます。

ごみ袋には危険物だと分かるように、「割れ物」と記載してください。
なお、先程お伝えした通り、割れ物の捨て方は自治体によって少し異なります。初めて割れ物を出す際は、必ず各自治体の公式ホームページで割れ物の捨て方をチェックしましょう。

大きな割れ物

ガラステーブルや水槽などの大きなものが割れた場合、燃えないごみで捨てられるサイズに細かく割って捨てる方法があります。
ただし、自分で割れ物を粉砕するのは危険なので、粗大ごみとして捨てるのが賢明でしょう。自治体に粗大ごみの処分を申し込む際に、ガラス製品のサイズや種類を伝えると、処分費用や回収日などを教えてくれます。また、ごみ処理センターに持ち込める自治体なら、自分の車でセンターに持っていくことも可能です。

不用品回収業者

その他、お金はかかりますが、有料で回収してもらうことも可能です。
不用品回収業者に依頼して、割れ物を回収してもらいましょう。自治体に割れ物を捨てる場合、前述のとおり、ごみを出すために割れ物をまとめたり分別方法を調べなければいけません。しかし、不用品回収業者に依頼すれば、捨てたいものを伝えるだけで危険物も回収してもらえるので、安心です。1点から回収してくれる業者もありますが、不用品をまとめて処分した方がお得な場合が多いです。
割れ物以外にも処分したいものがあるなら、自治体より不用品回収業者を利用した方が便利かもしれません。なお、窓ガラスやガラス障子が割れた場合は、早めにガラス専門業者に依頼することをおすすめします。