カラスとネコ対策について

ごみ手引き

カラスとネコ対策

ごみ置き場が、ネコやカラスにいつも荒らされてしまい中身が散乱して困っているという人は少なくありません。そこでどうすれば荒らされなくなるのかというと、いくつか対策法があるので詳しく見ていきましょう。

生ごみ対策

まず生ごみを出来るだけ入れないようにするという事です。
カラスやネコが狙っているのは食べ物です。その為生ごみは格好のエサになります。生ごみを出し続けていると、カラスやネコは賢い為、どの場所にえさが沢山あるかという事を覚えてしまいます。
そうなるとなかなか被害を食い止めるのは難しくなるので、とにかく出来るだけ食べ物は全て食べて、生ごみを出さない、出すにしても最小限にするという事を心がけましょう。

また生ごみ処理機を使う事で、乾燥させて生ごみを肥料にしたりする事も出来ます。このように食べ物の廃棄量を少なくするというのが被害にあわない為のコツです。
それからどうしても生ごみの入った袋をごみ置き場に出す場合は、中が見えないようにして出すというのも効果的です。
カラスは目で見てエサがあるかを判断しているので、生ごみは水分を絞って何重にも袋で包んで、さらにごみ袋の中心に入れるようにするだけでも狙われにくくなります。

そしてごみを出す時間を守るという事も重要です。
ごみは基本的に収集日の朝に出すのがルールですが、中には前日の深夜に出す人も少なくありません。深夜にごみを出すとカラスやネコに狙われる時間も長くなるので、しっかりと時間を守るという事が重要です。

アイテムで対策

あとごみ置き場が荒らされないように、大きなネットで覆うという事も有効です。
大きなネットならごみ置き場に出されるごみ袋全てに覆いかぶせる事が出来ますし、カラスやネコに発見されてもごみがつつかれたりかじられたりしにくくなるでしょう。
しかしきちんとかぶせないと、風で飛んでしまったり、隙間からつつかれたりかじられたりする恐れがあるので、ごみを出す時は一人一人がきちんとネットをかぶせて地面との間に隙間を作らないという事を心がけるのが重要です。

他にもたためるメッシュボックスのようなものも効果的です。
こちらは開くと箱型になりふたも閉められるので、ネットよりも荒らされる可能性は低くなります。しかもごみを収集車が持っていった後は、たたんでおけば良いのでスペースも少しで十分です。
このようにごみのカラスとネコ対策は色々とあるので、興味のあるものを試してみると良いです。